楽ーにはけて楽ーに脱げる。

RAKUはその名の通り足を楽にすることから生まれました。

楽とは楽しいの意味もあれば、気をつかわなくていいという意味の楽もあります。

この靴下は後者。履く人に気を使ってもらいたくない。そういう思いで作りました。履くときも気を使わない、脱ぐときも気を使わない。

仕事帰り、疲れた足を楽ーに気をつかわずに脱げたらどんなに楽か。笑

一度お試しください。きっと今までにない楽ーな靴下に出会えます。

0の出会いを無限の出会いに。